大豆の種まきから始める味噌造り

那須高原の雄大な自然の中で、“大豆の種まきから始める味噌造り”体験をしてみませんか?

単なる味噌造り体験ではなく、その原材料である「大豆」の種まきから収穫~脱穀~豆の選別といった体験を経て味噌の仕込みを行い、最後に大豆と味噌を使った発酵食料理をみんなで楽しみながら活動を振り返る・・・そんなストーリー性を持った全5回シリーズの「農」と「食」の体験活動です

第1回 大豆の種まき

2018年6月24日 開催

今回の農地となるTakeshi farmの畑に、参加者のみなさんとともに種まきを行います。Takeshi farmでは、無農薬・無化学肥料で育てていきます。また、ご希望の方には、育苗ポットにまいた種をお持ち帰り頂けます。ご自宅でも大豆の栽培を楽しんでみてはいかがですか?
なお、イベントは雨天でも決行します。雨天の場合、屋根のある場所で育苗ポットに大豆の種をまいたり、大鍋を使ってみんなで味噌汁をつくり、お昼ご飯を楽しんだり、味噌にまつわる企画で皆さまに楽しんで頂けるよう準備しております。

第2回 枝豆の収穫

2018年9月30日 開催

「枝豆」という種類の植物が存在するのではなく、大豆を未成熟な状態で収穫したものが「枝豆」であることをご存じですか?参加者のみなさんとともに枝豆を収穫し、すぐに茹で上げて採れたての味を楽しんで頂きます。枝豆は鮮度が命。枝豆のおいしさの決め手であるショ糖は一日で半分以下に減ってしまいます。自ら収穫した採れたて、茹でたての枝豆の味は感動モノ!きっと忘れられない味になると思います。

第3回 大豆の脱穀

2018年11月18日

枯れ色になるまでよく乾燥させたさやから大豆を取り出します。Takeshi farmでは、足踏み脱穀機と唐箕(とうみ)を使い、昔ながらの方法で脱穀をおこないます。

第4回 大豆の選別&味噌仕込み

2019年1月20日

脱穀を終えた大豆をさらに乾燥させたあと、未熟なものや形の悪いものを取り除く選別作業をおこないます。こうして選別された形の良い大豆だけが味噌の仕込みに使われます。そして、大豆と麹と塩に水を加えて味噌を仕込みます。

募集要項(各回共通)

■定員
20名

■参加費
各回とも、1回3,000円
※2回参加の場合、1回2,500円
※3回以上参加の場合、1回2,000円
【小学生以下:無料、中高生(18才以下):半額】

■参加特典
1.お味噌 <お一人様2kg分> ※今回ご自身で仕込む味噌です。参加回数にかかわらず、お一人様2kg分となります
2.お味噌<小さいカップ1個分> ※今回と同じ農場で育てた大豆で昨年仕込んだ手造り味噌です
3.玄米おむすび  ※毎回、作業終了後にお渡しします

■当日の服装・持ち物(第4回「大豆の選別&味噌の仕込み)
動きやすい服装、エプロン、三角巾(髪を覆うもの)、タオル、味噌仕込み容器(5型=5リットル)※仕込み容器は当日500円でお分けいたしますが、数に限りがありますので可能な限りご持参ください。

■当日のスケジュール(第4回「大豆の選別&味噌の仕込み」)
9:00 那須塩原駅発(送迎バス)
9:30 道の駅友愛の森発(送迎バス)
10:00 現地(千振公民館)到着~準備・作業開始
~途中休憩~
13:00 作業終了
13:30 現地発(送迎バス)
14:00 道の駅友愛の森着(送迎バス)
14:30 那須塩原駅着
※現地にも駐車場がございます。

■参加申込
参加ご希望の方は、お名前、住所、携帯電話番号、参加人数を明記の上、以下のメールアドレスまでご連絡ください。

■お問い合わせ
「自然と共に暮らし、からだと食を考える会」
代表:岩下
メール iwashita@nasu-shizen.com

1

交流会

来年3月に皆さんで育てた大豆や味噌を使った発酵食料理を愉しみながら語り合う交流会を予定しています 。

2

からだにやさしい大豆

現地で実際に行われている無農薬・無化学肥料農法で大豆を育てます

3

自分で作る

全ての工程に参加できなくても、いずれかの工程に一度でも参加された方には、自ら栽培・製造工程に携わったお味噌 <お一人様2kg分> をお分けいたします

4

旬の野菜

毎回、おみやげに自ら収穫した旬の野菜をお持ち帰り頂けます

5

玄米おむすび

毎回、作業終了後に玄米おむすびをお渡しします